About The Project

『Factory at Night』は4Kクオリティで工場夜景動画を製作し、インターネットメディア,街頭ビジョン,イベントなどで放映することで工場夜景の魅力を発信するプロジェクトです。

2014年度川崎市イメージアップ事業に認定されました。

"Factory at Night" is a 4K quality video that shows the night vision of an industrial complex, and is supposed to be used for broadcast on the Internet, on digital billboards, and at events. 

This project aims at making more people get to know the beauty of factory night views. 

In April 2014 [Factory at Night] has been certified by the city of Kawasaki to be used for an image improvement campaign.

我々が工場を映像にする際に注目しているのは、工場から排出される"水蒸気"です。

 

映像を観た方からは、なぜ公害の象徴である"煙"を映すのかと聞かれることがあります。

 

確かに高度経済成長期の日本では工場から排出される”煙”によって大気汚染がおこり、

多くの公害病が引き起こされました。

それらの事例から厳しい環境基準ができ、現在の日本では工場から排出される水蒸気には

有害物質はほとんど含まれていません。

 

我々はこの水蒸気を映すことで、環境問題を乗り越えてきた日本の姿,

公害の象徴であった工場を、観るものとして表現できると考えています。

When making time-lapse films depicting factory, we are focusing on the water vapor being emitted from smokestacks.

 

Some people may ask, “Why would you want to depict such industrial smoke that represents pollution?”

 

To be honest, many pollution were caused by the smoke gas being discharged by the factories in the high economic growth back in the 1960’s. However, the Japanese government set many strict environmental standards, and current factories emit almost no toxic or hazardous substances. 

 

We strongly believe that depicting such factory views enables us to express how Japan has overcame its environmental issues.

Interview

KMD JOURNAL「工場夜景」製作秘話インタビュー

本プロジェクトの目的,製作手法についてお話ししました。

Member

Director/Photographer

Mitsuaki Sudo

Photographer

Gaku Hayashi

Project History